マメ雑

記事一覧(48)

ソラマメキスポ に向けて〜16年目の決意表明〜

6月になった。ソラマメです(前ソラマメ)の結成月だ。結成日は覚えていないので正確ではないが、15年前の今頃ソラマメですは始まった。理想には程遠く、だけどその理想とやらも漠然としている為、未だフラフラと彷徨っているようにも思う。15年間で大幅に変化したことなど多分私にもソラ美にもないと思う。住まいが変わったとかバイトが変わったとか…そういう変化はあったとしても若かりし自分が思い浮かべていたような環境など、何一つ手に入れていないように思う。15年という月日は決して短いものではない。私達自身は変わらなくとも周りは変化していった。同級生たちは結婚し、家庭を持った。共に汗を流してきた同士たちも、趣味と仕事の境界線に悩み、活動ペースを変えた人もいれば去っていった人もいる。私自身も“売れなければ”いずれ辞めるものだと思っていた。仕事にできなければ辞めなくてはいけないものだと思っていた。辞め時を失ったというのもあるかもしれない。世間的にはとっくに辞めた方がいいだろうという年齢を遥かに超えたが、それでも私は今もなお芸の道でアタフタしている。スラスラと出てくる文字を打ちながら「なに語っちゃってるんだろう」と静かに突っ込みつつタイトルに沿った内容へと繋げていきたいのだが。ソラマメキスポ は、今の私にできる最大の挑戦かもしれない。気持ちや気力が明らかに年を取ってしまった中、それでも自問自答をするたび未だフツフツと湧いてくる情熱をどうやって形にしていくか。ソラ美と昨年に話し合った末、“新しいこと”と、“特長を生かしたこと”を同居させたイベントを立ち上げることに決めた。ライブ公演というドラマ仕立てのライブを、2011年11月から2017年7月までの約6年間、Live Garage 秋田犬 にて定期的に行ってきた。ライブ公演を説明するにあたり、“ドラマ仕立てのライブ”と説明してきたが、それでもどんなライブ形態なのか分からない人はたくさんいると思う。実際自分たちもうまく説明できず「見てもらえばわかります」などと大雑把に対処してきた(^^;;ライブと演劇を合わせたような、かと言ってミュージカルではない。一つの物語(設定)の中でソラマメですのライブが行われる。私が台本を書き演出をし、ソラ美が小道具や映像を作る。私が芝居に携わっていた経験から“ソラマメですにしかできないライブ”を追求した形態だ。40分間という時間での18回の公演数と、ワンマンライブでもライブ公演の形を取ったりしていた中で、それなりに手応えはあった。ライブ公演には必ず来場してくださるお客様もできた。ただ…何事も長所があれば短所もある。準備に時間がかかる為、その間に他のライブができない。音楽を基本としている為もっとあらゆる所に歌いに行き自分たちを知ってもらいたかったが、それをするとライブ公演の準備がおざなりになってしまう。その葛藤と、ネタを捻り出すことが難しくなったこともあり、一旦ライブ公演を休止することにした。…ここまで書いて、ライブ公演を休止した時のブログ(スマホからだと読みづらいかも)を読み返したが、なるほど…概ね間違いではないけどその当時はそういう思いで休止しようと思ったのね。「次再開する時は10年後かも!」なんて書いていたのに…早かったなぁ、私!!笑少し恥ずかしいです(^^;;では、再開しようと思った経緯について。2年弱、音楽を中心としたライブのみを展開してきたが、私達のライブを見たことがある方は周知の通り、“準備”という点ではそこまで変わらなかったように思う(^-^;ライブ公演を休止したはいいが、普通のライブでも“ソラマメですのオリジナリティ”を出す為、最近ではライブキーワードを設け、それに沿って構成を考えライブを行ってきた。なので、結果的にライブ本数もそこまで増やせなかった。そして、イベントライブではご依頼を受けたお仕事でもある為、必然的に歌う楽曲に限りが出てきてしまった。初めはミュージシャンを選んだことに大した理由などなかったが、このままではバランスが取れなくなってしまうかもしれない。近年作った曲はライブハウスで一度披露したっきりでその後歌われない、というケースも出てきてしまった。何かを止めれば新たな問題も出てくる…音楽に限らず皆様も何かをやる上で、生活する上でたくさん経験されてきたことでしょう。なんて生産性のないユニットなんだろうと歯痒く思う。もっと割り切れたら、もっと効率が良ければどんなに違っただろうか。が!諦めろ。これが“ソラマメです”だ。他人を羨んで真似してみても、そのやり方が自分に合っていなければうまく進むわけがない。  そして…どうしても歌うだけでは「面白いものを創りたい」という欲求は埋められなかった。それを叶えるのはライブ公演しかなかったのだ。もう一度向き合おう。ネタを考え、話を作り、言葉を書こう。それに合わせて新曲も作ろう。脳をフル回転させ、創造しよう。 ライブ公演 改め ライブドラマ。第一回ソラマメですライブドラマ「六月の花豆~15個のPROPOSE~」訳わかんないのが出来上がるかもしれない。情緒不安定なものが出来上がるかもしれない(笑)今までやってきたライブ公演を踏まえての展開や、15年間に対する私達なりの答えを入れた内容になると思う。この雑記の最初の方で15年間で大幅に変化したことなど多分私にもソラ美にもないと思う。と書いたけど…これには少し語弊があって、うめだソラ美さんには大きい変動があったと思う。ステージ上の彼女はだいぶ変化した。人前でパフォーマンスすることへの意識は、大幅に昔とは変わったと思う。身近な人とのお別れもあった。一番近くにいるであろう私の目にも、彼女の15年間は変化したと見て取れる。結成当初から一対一の関係性なので、私達の場合ケンカもするし常に危機的な状況だ(笑)性格も違うので。そういう二人が15年も続いたのは本当に不思議で仕方がない。ファンの皆様には安心感を与えられず本当に申し訳ないけど、私の場合続けることと辞めることは常に隣り合わせです。最近特に思うんです。「続けるだけでいいなら楽だなぁ」って。それだけにはなりたくないのです。続けることを目的としたことは一度もありません。広い意味ではあるかもしれないけど…ずっとソラマメですをやっていたい、という思いはありません。結果的に続いていた、が理想。生活は安定したいけど、表現の世界では安定したくない。色々あったよ15年。その折々で支えていただいた15年。皆様への感謝、相方への労い、そして「今後とも可能な限り宜しくお願いします」を込めたライブドラマにするつもりです。そして ソラマメキスポ というイベントを新たな核にしたい。次回の雑記はイベント自体について書きます。気になるゲスト様への思いも、ご紹介も兼ね書きたいと思います。あと2週間!(励みになりますので)ご予約お待ちしております(Θ∀Θ)★便利なご予約フォーム★https://www.secure-cloud.jp/sf/sp/1535811427HgDJvsqq

役者さんの凄み

色々と書き連ねたいことはあるのだけど、その前に。個人的に記しておきたかったので、ソラマメですとは関係のない記事を一つ書きます(^^)わたくしの好きなドラマ鑑賞の話。私の事をご存知の方はお分かりの通り、私はテレビドラマを見るのが大好きなのですが。今期は見ているドラマが少ないんです。まぁ敢えて減らしているところはあります。もう見だしてしまうと他の事を何もしなくなってしまう傾向にありまして(^^;; 視聴するにも結構時間がかかりますからね。(ソラマメキスポ を控えているので…ね!ガンバッテマスアピール)因みに今期見ているドラマは、、、★木曜日『科捜研の女』『緊急取調室』『ストロベリーナイト・サーガ』★金曜日『きのう何食べた?』★日曜日『あなたの番です』ね!!少ないでしょ!?充分じゃん!って仰る方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとってはすごく少ないのです。ここ近年と比較すると半分以下の本数です!あとはたまに、2時間枠のスペシャルドラマがあればチェックして少ない分を補っております。(昔に比べるとスペシャルドラマ自体が減ったよなぁ)そんなこんなの“私の春ドラマ2019”なのですが、今期のドラマを見ていて特に感心したことがありまして。それは今期に限らずではあるのですが、改めて「役者さんって凄いなぁ」と思ったのです。『きのう何食べた?』を見ていて特に感動したのですが、主演のお二人が素晴らしいのは言うまでもなく、脇を固めるキャストの方々に凄味を感じまして。脇役と言っても色々なポジションがあるかと思うのですが、その回だけの出番だったり、その回でも重要な役なのか少ししか関わらないとかでまた変わってくるかもしれませんが、そういうところに登場するって気持ちを作る上でも非常に大変だと思うのです。主役やレギュラーで出演さえている方は、その人物の背景や役作りに於いてじっくり向き合えるような気がする(あくまで個人的な見方)のですが、ポッと出演されてそれがその一話を支えるエピソードに関わる大事な役どころとなると主役以上に難しいのではないか、と想像したのです。前回の第8話をご覧になられた方も多いかと思うのですが、菅原大吉さんが演じられたテツさんと、正名僕蔵さんが演じられたヨシくんが、養子縁組についてシロさんに相談するシーンがあったのですが、これが泣けました。あのごく短い時間の中で、お二人が歩まれてきた生活や背景がすぐに思い浮かんだ。想像できました。セリフの言い回し、佇まい、所作…すごかったです。シロさんに前もって言わなかったケンジにもリアルを感じたし、あのドラマ(漫画)が支持されていることがよくわかる放送回でした。私は漫画の方を読んでいないので的外れな部分もあるかと思うのですが、テツさんの役に菅原さんを起用されたことにも「凄い!」って思っていて。…語彙力がないから「凄い」としか書けないんだけど、なんかグッとくるものがあったんですよ。『きのう何食べた?』のキャスティング良いですよね〜。(菅原さんは2時間ドラマでよく拝見する役者さんなのです。警察の上層部にいらっしゃったり刑事さんだったり会社のお偉いさんだったり)このテレ東さんの深夜ドラマ枠は前回の『フルーツ宅配便』も好きでしたが、キャスティングにしても演出にしても程良くて心地よいのです。流行りも大事だけど、やはり作品ありき、だと思います。テレビドラマだとそういう作品が好きです。人と人との距離感とか関係性とかを表すシーンだったり台詞だったり演出だったり。『きのう何食べた?』は “ゲイカップルの日常”というと特異なものではあるかもしれないけれど、機微がきちんと描かれているから共感するところも多く。良作だなぁと思って鑑賞しております。(特異なもの…とは書いたけど“おっさんずラブ”が流行って以降、世間ではどうも安易に使われている気がしてならない!…時もある^^;)そんな感じです、はい。今晩の放送(5/31)無いんだよね。お休みなのよね。連続ドラマあるあるよ…科捜研の女とか緊急取調室とかも休む時があるのよね。一週間に一度しか放送されないのに、その一回が無くなると二週間も待つことになる!あなたそれって…半月ですよ…一ヶ月の半分ですよ…長いですよ…困りますわ〜!バランスが崩れるのよぉぉぉ。あると思って無かった時のショックさといったら!「残ってたはず」と思って袋を見たときにルマンドが一本も無かった時の無念さといったら!_| ̄|●大袈裟ではない。こんな感じになる。はい。待ちますよ。待ちましょう!以上で〜す。読んでくださった皆様、後悔してたらすまないね(笑)ありがとう。

平成のうちに(お礼と共に)

日々のかけらはすぐに抜け落ちていくのですが。歌うことを続けていると、自分が気づかないでいた何かや忘れていた場面を覚えてくださっている方がいて、誰かの記憶の断片に少しでも自分達が存在していることを実感します。私は独身ですし、多分この先も一人で生きていくと思うので(決して悲観的ではないですよ!)歌うことや作ることで自分の中の何かを残していっているんだと思います。どちらかと言えば「何も残らなくていい」し、「忘れてくれて構わない」と思ってしまうタイプなのですが、自分が書いた詞や曲がその人の中に入り込んでいることを知ると、なんとも言えない気恥ずかしさのようなものもありますがやっぱりうれしいのです。自分以外の誰かに何かが刺さったことに単純に感動します。作詞作曲を終え、演奏に漕ぎ着け世に放つと、そこから一気に自分の中から離れていくので。もちろん育ててはいくのですが、気持ちとしては落ち着いちゃってその曲への愛情が薄まっていく。なので、皆様が聴き続けてくださったり「好きです」と伝えてくださると、ちょっと背筋がピーンッとするといいますか。ちゃんとしなきゃな、ちゃんと歌わなきゃなってなります。普段言われてもライブでもラジオでも素っ気ない返答しかできてないかもしれないですけど、語りたいことは山ほどあるような気がするのですが、いざ話そうと思うとウザいような気がするし「作品が全てです」みたいな感情もあって、ありがたいなぁと思いつつもはぐらかしているかもしれません…すみません。皆様の思いは届いていますよ、ありがとう!普段の生活でもそうですけど、自分の事を話すのが苦手でして。それよりあなたの話を聞かせてください、ってなる性質で。あ、でも語りたい事と語りたい時のタイミングが合えば猛烈に語り出しますけどね(笑)ラジオをお聴きの皆様はお分かりだと思いますが(^^;;…はい。何故今こんな事を書いているのかよくわからなくなってきましたが、冒頭の少女たちにも僅かかもしれないけど私の中の何かを伝えているわけで、それはソラマメですを通してではあるのですが、それが面白くもあり恐くもあって。彼女たちが自分が書いた歌を口ずさんでいるのです。1枚目の姉妹はまだ出会ったばかりだけどCDを聴いてくれていたようで、ライブを見ながら口を動かしてくれてるんですよ。「マジか!」ってなりました。2枚目の女の子はもう付き合いが長い。ライブを見ている姿を見ていると、もう私達に興味が無くなりつつあるのが分かるようになってきました(笑)でも4/21のコンフィ春のマメまつりでは、音源化されていないマニアックな曲達をリクエストしてくれていて。明らかに彼女の生きている時間に私達の曲が存在しているんですよね。数年後、彼女たちが成長した時何を思ってくれてるのだろうか。もう興味が無くなって姿が見られなくなったとしても、彼女たちが大人になった時、覚えてないかもしれないけど「何を思って聴いてくれていたのか」と聞いてみたいですね。