マメ雑

記事一覧(28)

市原悦子さん

ファンでした。憧れの女優さんでした。同じ千葉県出身ということもあり、親しみを感じていました。中学・高校と演劇に打ち込んでいる頃、テレビドラマが好きな私は様々な俳優さんの演技に触れていましたが、市原悦子さんの独特の存在感、市原さんにしか出せない雰囲気に惹かれたのです。特に「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」シリーズが大好きで、“桜乙女”という役名さながら乙女の部分が可愛くて、とてもチャーミングでした。クスッと笑えるドラマだったんですけど、今思えば狙った笑いじゃなくて、存在そのものから滲み出る面白みというのか、一生懸命さがおかしかったというか…やっぱり回顧してみても市原悦子さんにしか出せない味わいだったと思うのです。“桜乙女”という役柄への親しみと、大変失礼ながら容姿端麗ではない所に近いものを感じ、いつしか「こういう女優さんになりたい」と思うようになりました。今思えば身の程知らずで、もっと早く気づくべきだったんですけど、実際お会いした時にそれは無理だと分かりました。まだ実家に住んでいた頃、千葉そごうで市原悦子さんのサイン会があると聞きつけ、母と共に出かけて行ったのです。人数制限があったので朝から並んで、開店と同時に走っていきエスカレーターを猛ダッシュした…そんな記憶が残っています。(少々危険な行為ですが…すみません^^;)冒頭の写真、市原さんのエッセイ「ひとりごと」(初版)の出版記念だったかと思うのですが、サイン会と共に写真展(?)もあったような気がします。(記憶がおぼろげで誤りがあるかもしれません…ご了承ください)初版が2001年なので、私は“舞台芸術学院“という専門学校の学生だったのですが、一応、真面目に女優を目指していた頃だと思うのです。(多分)実はサイン会の記憶が残っていないのですが…そのサイン会の前か後かに、写真展で御自身の写真をご覧になっている市原悦子さんに遭遇しました。(いや、狙った可能性もある笑)写真を見ながら歩かれていたのですが、その佇まいに圧倒されてしまいました。気品があって上品でとても美しかった。自分とは全然違うと一瞬で分かったような、そんな感覚に陥りました。そのオーラに当然話しかけるなんてできるわけもなく、ただただ眺めていたのですが…うちの母親ですよ、、、話しかけにいきましてね。私を呼び寄せ…「この子も女優を目指してるんです」(あ〜〜!?何言ってくれとんねん!!!)

自分のペースで

マイペースというと、なんか勝手気ままな「自由でいいわね」みたいな捉え方をされるけど、本来のそのままの意味は「自分に適した速度で、物事を進めること」ですよね。大人になるにつれ “こうした方がいいだろう” とか “こうしなきゃいけない” みたいなことが先行して、自分に適した速度ややり方をわかっていながらも合わないことを続けていたりする。自分の性格が災いして、そういうことが多い人生な気がします。無駄に時間を使ってしまうのよね…“一度決めたことだからやり通さねば” みたいな、責任感があるといえば聞こえはいいけど、それを理由に後回しにしてしまうというか。様子を見てしまうというか。迷いがある。ずっと。もう答えはわかっているのに。人と比べているつもりはないけど、結果比べていて “やっぱりこうすべきかも” とすぐブレる。囚われているのです。潔さがない。貫く潔さ。スパッと止める潔さ。中途半端です。だけど真ん中に一本、筋があって。すじ。曲げられない、信念みたいなもの。皆さんの中にもあると思いますが、それが私にもあって、それが良い方に作用する時もあれば悪い方にも行く場合もあるけど、それで私は支えられている。芯。近頃その芯が、くっきりとしだしている。次なる方向へと導いてくれている。自分に適したスピードで、自分に適した方法で、進むのが一番いいんじゃないかと。大変な事もあるだろうけど、それでいいんじゃないかと。できることは限られているから。できることは少ないけどそれを一生懸命やっていこう。そんな感じ!

最近のお気に入り

やわもち。それもこのわらびもちがお気に入り。つぶあんミルクよりもこちらの方が好き。私のお菓子の好みをご存知の方はご存知だと思いますが、私わらびもちが好きでして。いっとき、昨年のこの時期辺りだったか、100円ローソン(正式名称:ローソンストア100)のわらびもちを物凄く食べておりました。それもいつしか飽きが来まして、しばらくわらびもち自体を食べてませんでしたが、やわもちシリーズは元々好きではありましたが、何故か今、前以上にハマっております。やわもちシリーズは本当に良く出来ていて、何故もちが固くならないのか!冷やしても固くならないのか!「さすが井村屋さん!」と感動する一品なのです。キンキンに冷えているより少し溶けている方が美味しい♪アイスとお餅が程良く絡み合い本当に旨いのです( ̄∀ ̄)きな粉と黒蜜とバニラアイスとわらびもちの絶妙なバランス。前から美味しいと思ってはいたけど、更に美味しいと感じている今日この頃。パッケージの『ぷるるん感をアップしました』はいつ頃からなんだろう?それが関係しているのか?…わからない。調べればわかるんだろうけどね。はい。そんなこんなで、日々10月13日(土)のツーマンライブの準備に追われているのですが、いつもとは違う感覚…いや、懐かしい感覚もあり“さちさんとのアレやコレ”を楽しんで準備しております。